<総 会>
 平成31年度艦船磁気・水中電界研究会総会を平成31年4月24日(水)、東京都渋谷区の公益財団法人水交会クラブ水交において開催しました。出席議決権数は正会員8、賛助会員12であり、委任状12を含め議決権総数42の過半数に達し成立しました。
 議案は平成30年度活動報告及び決算、平成31年度活動計画及び予算、定款の変更及び人事計画で、出席議決権の賛同を得て可決しました。
<講演会>
 引き続いて実施した講演会の講演者及び演題は次のとおりでした。
●「鉄道の超電導き電化と送電ケーブルの開発」
公益財団法人 鉄道総合研究所 研究開発推進部 担当部長
 兼 超電導き電ケーブル課 課長
 超電導応用研究室 室長
博士(工学)  富田 優 氏
●「鋼材の磁化やUEPのシミュレーション技術」
株式会社ミューテック
代表取締役  野島 洋一 氏
●「咸臨丸に見る航海術」
元海上自衛隊 掃海隊群司令
海洋エンジニアリング株式会社
技術顧問  河村 雅美 氏
●「艦艇デパーミング技術の動向と船舶建造用鋼材の磁気特性」
艦船磁気・水中電界研究会
理事長  廣田  恵 氏
<意見交換会
 同会場での立食の意見交換会に総勢35名が参加し、講演された講師の方々から御挨拶を頂き、和やかな会となりました。
艦船磁気・水中電界研究会
Copyright(C) 2013 Naval Ship Magnetic / Underwater Electric Potential Research Committee
All Rights Reserved