<総 会>
 平成30年度艦船磁気・水中電界研究会総会を平成30年4月24日(火)、東京都千代田区の主婦会館ブラザエフにおいて開催しました。出席議決権数は正会員10、賛助会員18であり、委任状10を含め議決権総数40の過半数に達し成立しました。
 議案は平成29年度事業報告及び決算、平成30年度事業計画及び予算、人事計画です。事前配布した予算案に対し、研究会運営健全化のため修正を加えた修正予算案について説明し、修正予算案及び他は原案どおり出席議決権の賛同を得て可決しました。
<講演会>
 引き続いて実施した講演会のご講演者及び表題は次のとおりでした。
●「海底資源・活断層調査のため電磁センサー開発と世界の動向」
京都大学大学院 工学研究科 都市社会工学専攻地殻環境工学講座
准教授  後藤 忠徳 殿
●「電気防食とUEP」
元日本防蝕工業株式会社
技師長  畑井 洋一郎 殿
●「防衛装備品取得の現状と課題」
防衛装備庁 長官官房 艦船設計官
海将補  今吉 真一 殿
●「艦磁研 超伝導デパーミングの研究の進展」
艦船磁気・水中電界研究会
理事長  廣田  恵
艦船磁気・水中電界研究会
Copyright(C) 2013 Naval Ship Magnetic / Underwater Electric Potential Research Committee
All Rights Reserved