<総 会>
第5回艦船磁気・水中電界研究会総会を平成28年4月19日(火)、ホテルグランドヒル市ヶ谷真珠の間で開催しました。議案は定款の改定、平成27年度事業報告及び決算、平成28年度事業計画及び予算、人事計画であり、原案通り可決しました。
<講演会>
 引き続いて実施した講演会のご講演者及び表題は次のとおりでした。
「高特性高温超伝導線材の開発と応用」
  株式会社フジクラ 先端技術総合研究所
     エネルギー技術研究部           次長   飯島 康裕 氏
「TMEIC株式会社の紹介」
  東芝三菱電機産業システム株式会社
     特機システム営業部             次長   小見寺 秀一 氏
「超伝導量子干渉素子を用いた磁気信号処理の研究」
  電気通信大学大学院
                               教授   稲葉 敬之 氏
「海上自衛隊の磁気測定の現状と防衛装備庁の取組について」
  防衛装備庁 プロジェクト管理部
     プロジェクト管理総括官           海将補  佐藤 直人 氏
     装備技術官(海上担当)付海上技術班  3等海佐 有松 健次 氏
<意見交換会>
1Fレストラン「カトレア」に会場を移した立食の意見交換会に総勢41名が参加し、講演された講師の方々から御挨拶を頂き和やかな会となりました。
艦船磁気・水中電界研究会
Copyright(C) 2013 Naval Ship Magnetic / Underwater Electric Potential Research Committee
All Rights Reserved