艦船磁気・水中電界研究会(略称「艦磁研」)は、近年における艦船の磁気・水中電界にかかる脅威の拡大に鑑み、それらに関する防衛技術の応用範囲を拡大させ、その機能・性能の改善につながる研究活動に取組むための研究会として発足しました。
 この研究会は、関係の方面の方々が集まり、情報交換を図ると共に、技術者の方にご講演いただく等の企画を進めております。

 今後ともよろしくお願い致します。
 この研究会は、防衛技術のうち、艦船磁気・水中電界技術の研究に関係する官民の技術者相互の啓発及び研鑽並びに艦船磁気・水中電界技術の研究の活性化、効率化等を図ることにより艦船磁気・水中電界技術の向上に資することを目的とします。
 研究会の趣旨に賛同する会員を募り、ボランティアの幹事が運営する形態とし、会員の研究発表、国際会議等の紹介、講演会の開催を主たる事業とします。
 また、こうして取組んだ技術が、実用に供されることを期待し、更に研鑽に努めます。
 研究会は正会員及び賛助会員から構成され、平成30年4月時点の参加人数・団体数は次の通りです。
      正会員   
 20人
      賛助会員  
20団
 なお、会員の募集に関しましては常時受け付けておりますので、定款をご確認の上、「入会方法について」のページからお申込み下さい。

艦船磁気・水中電界研究会
Copyright(C) 2013 Naval Ship Magnetic / Underwater Electric Potential Research Committee
All Rights Reserved